ロゴ
HOME>Review>アルツハイマーの初期症状を把握しよう【口コミから症状を知る】

アルツハイマーの初期症状を把握しよう【口コミから症状を知る】

男性

物忘れが多くなっても何もせずにいると悪化していってしまいます。最近物忘れが増えたと感じたら病院を受診してみると良いでしょう。もしかするとアルツハイマーかも知れません。また、アルツハイマーの初期症状であれば進行を防ぐこともできるので早期発見が大切となります。

レビュー一覧

物忘れが多くなったので病気を疑いました【70代 男性】

買い物に出かけたはずが何を買うつもりだったのか忘れてしまったり、録画しておいた番組を一度見た事も忘れたりする事が増えていました。これはアルツハイマーかもしれないと考えて、病院で診察を受けてみたところ、アルツハイマーの初期症状と診断されて、家族も悲しんでいます。しかし初期の段階であれば、症状を改善できる可能性はあると医師に教えてもらえて、アドバイスに従いながら治療を続けました。前頭前野を活発に動かすためのトレーニングや、薬物療法を続けているおかげか、以前よりも物忘れにも悩まされなくなっています。アルツハイマーの症状が酷くなってくると、家族が気付かないうちに自宅の近所を徘徊して、事故に遭う事もあると聞いたので早いうちに治療を始めて正解でした。

早期発見したお陰で早期治療に取り組めました【60代 女性】

親戚の名前を忘れてしまったり、テレビに出演している芸能人の名前も忘れる事が増えたりしたのが、自分がアルツハイマーかもしれないと感じた理由です。医療機関で検査を行ってもらったところ、アルツハイマーの初期症状かもしれないと分かり、その後すぐに治療を開始しました。アルツハイマーは早期発見すれば、治療の効果も実感しやすくなると聞いていたので、早期治療に取り組めた事に安心しています。まだ初期段階なので投薬治療を受ける際にも、服用する治療薬の少なくて済んでいますし、家族との意思疎通にも何も問題ありません。運動療法なども取り入れながら、ストレスを覚える事なく治療を続けられているのも、早期に検査を受ける事をおすすめしてくれた家族のおかげです。