ロゴ
HOME>オススメ情報>下肢静脈瘤を治療して足の倦怠感を無くそう【適切な治療で改善】

下肢静脈瘤を治療して足の倦怠感を無くそう【適切な治療で改善】

女性

下肢静脈瘤の特徴

突然に足にコブができてしまった時には、筋肉と血管のどちらが膨らんでいるのか確かめてください。もし血管が膨らんでコブになっているのであれば、下肢静脈瘤という血管の病気を発症している可能性もあるので、医療機関で検査を受ける事を推奨します。血液の逆流防止弁が壊れて、足の血管に血液が溜まってしまうのが、血管のコブができる原因の一つです。長時間立ったままの姿勢でいる事が多い人や、下半身を酷使するスポーツをやっている人は、下肢静脈瘤の発症リスクが高まりやすいです。足に血液が溜まる事で全身の血流が悪化して、倦怠感に苦しまされる事になり、仕事に集中できなくなる事もありえます。血管のコブが足にできている人が倦怠感を覚えた際には、仕事のしすぎが疲れの原因だと決め付けずに、下肢静脈瘤の治療を始めてください。

足

下肢静脈瘤に適した治療の種類

血管が大きく膨らんでしまう下肢静脈瘤を治療したい時には、ストリッピング手術やレーザー手術などが、治療法の選択肢として用意されています。逆流防止弁が壊れてしまい、血液が逆流するようになった静脈を切除して、血管のコブを縮小するのがストリッピング手術です。現在の医療技術であれば、切除範囲を最低限に抑える事ができるので、入院期間は数日から一週間ほどに短縮されています。血管の直径が3mm未満の静脈瘤であれば、レーザーを使った治療で血管を縮小する事が可能です。皮膚にメスを入れる必要もありませんから、日帰りで治療をする事もできて、皮膚へのダメージが少ないところも注目されています。硬化剤という血管を癒着させる薬液を注入する、硬化療法でも下肢静脈瘤に対処できます。